神経痛の際の神経の状態

痛みの神経伝達と感作のメカニズム

神経障害性疼痛とは 脳、脊髄、末梢神経が切れたり、傷ついたり、血流が滞ったり、変性が生じることによる痛み

例、帯状疱疹後神経痛、糖尿病神経障害 椎間板ヘルニアによる座骨神経痛など

末梢神経が損傷すると

末梢神経が傷つくと傷ついた部分で神経同士がくっついてしまう

例えば、痛みの神経と触圧を感じる神経が接触すると、、、
皮膚を触った際、痛みの神経に伝わり、通常では触られた程度の感覚のものが、痛みとして感じてしまう

脊髄が損傷すると

神経の流れが変わる。触圧を感じる神経が痛みの神経へ延びる。
神経損傷だけでなく侵害刺激(組織を損傷、あるいは損傷する可能性のある刺激)
が連続で入り続けても起こる。


線維筋痛症
全身や広範囲が痛み、またある部分だけが痛むことがあります。
その痛みは軽度のものから激痛まであり、耐え難い痛みであることが多いです。
痛みの部位が移動したり、天候によって痛みの強さが変わったりすることもあります。
痛みが強いと日常生活に支障をきたすことが多く、重症化すると、
軽微の刺激(爪や髪への刺激、温度・湿度の変化、音など)で激痛がはしり、
自力での生活は困難になりますが、重症化する前に早めに受診して対策することが必要です。

随伴症状として、こわばり感、倦怠感、疲労感、睡眠障害、抑うつ、自律神経失調、頭痛、過敏性腸炎、
微熱、ドライアイ、記憶障害、集中力欠如、レストレスレッグス症候群などが伴う事もあり、症状は個人差があります。

中には、リウマチや他の膠原病を併発している場合もあります。

痛みによって不眠となりストレスが溜まり、それがまた痛みを増強させる場合もあると考えられています。
死に至る病ではありません。

線維筋痛症は男性よりも女性に多く、中高年の方に多い病気です。
そのため自律神経失調症や更年期障害、不定愁訴などど他の病気と診断されることも少なくありません。

原因はまだ未解明ですが、中枢神経の異常によって痛みの回路が変わり痛みを増幅させているのではないかと考えられているようです。
また、肉体的・精神的ストレスや事故、手術等が引き金となって発症するのではないかとも言われています。

痛みとアロディニア

・交感神経が関与することも
交感神経も一緒に損傷すると、そこからノルアドレナリンなどが放出され
痛みの神経や、触圧を感じる神経がノルアドレナリンを受けっとてしまい。
交感神経が働いた時(汗をかく、心拍が上がる等)に痛みも伴うようになる。

流れが変わったり、末梢神経が壊れてしまったら治すことが難しい。