肩こりが悪化してしまうと

肩こりに悩まされている方は非常に多く、その大半の方が慢性的な肩こりになってしまっています。辛い肩こりをそのまま放っておいてしまうと、肩こりの痛みだけではなく、様々な問題を引き起こしてしまいます。

頭痛

肩こりは体の血行が悪くなることで生じる症状ですが、頭痛も血流の乱れが原因で引き起こされます。痛みが後頭部から肩にかけ頭全体が締め付けられるような症状の方は、肩こりが原因で頭痛が引き起こされてしまっている可能性が高いです。

頭痛が起きてしまうと何をするにも大変です。ひどくなれば何もすることができない状態の痛みにもなります。

眼精疲労

眼精疲労と肩こりは、お互いが影響し合って起こる症状です。

肩こりに悩まされている方には、デスクワークで長時間パソコンに向かっている方が多くいらっしゃいます。長時間パソコン画面から発せられるブルーライトにより、目はかなり疲れます。疲れ目は、通常、休憩や睡眠で目を休ませることにより軽減されるものなのですが、それでも目の疲れが取れない場合、「眼精疲労」と呼ばれ、目がしょぼしょぼしたり痛くなったりします。

眼精疲労は眼の筋肉が長時間使われ、緊張することによって引き起こされるものです。そしてその緊張は目だけでなく、肩の筋肉も緊張させてしまいます。このように目の疲れは肩こりに影響します。またお互いに影響し合ってしまうため、逆に肩こりが眼精疲労を引き起こす原因にもなってしまいます。

ストレス

肩の筋肉が緊張してしまい肩こりが慢性的になると常に痛みに悩まされ、大きなストレスになります。このストレスが原因で、よく眠ることができなかったり、疲れがとれにくかったりと、辛い症状がでてきてしまいます。肩こりにより自律神経が乱れてしまい、なかなかリラックス状態になれなくなってしまうのです。

慢性的に続くしつこい肩こりには、整体マッサージ、鍼灸がおすすめです。

当院は宇都宮市で整体やマッサージ、鍼灸を行っている鍼灸接骨院です。女性スタッフが中心の穏やかな雰囲気が人気で、リラックスした状態で整体やマッサージ、鍼灸を受けることができます。