産後の骨盤矯正

女性の体は産後、様々な変化を生じます。それは女性ホルモンのバランスや、長い間赤ちゃんをお腹の中で育てたことでの体のゆがみ、出産した際の骨盤の開きなどによるものです。元気に楽しく子育てに励めるよう、そのような症状で改善できるところは改善していきましょう。骨盤の開きには整体での骨盤矯正がおすすめです。

産後の体の変化

女性の体は産後、大きく変化します。

産後の体の変化には、「体型の崩れ・肌荒れ・肩こり・体力の低下」等があります。その中でも特に多いのが「体型の崩れ」です。妊娠している時に体重がかなり増え、産後もその体重がなかなか戻らなかったり、ダイエットに成功し体重は戻ったとしても体型が崩れ、以前のようなきれいなラインではなくなったりしてしまいます。

要因

体型の崩れや産後太りの原因の一つは、「骨盤の開き」によるものです。

  • 骨盤の開きの変化

    女性は出産の際に、骨盤を大きく開く必要があります。女性の体は妊娠すると、7週目ごろから、関節を柔らかくする役割を持っている「リラキシン」という女性ホルモンの一種が分泌されます。

    このリラキシンが分泌されると、だんだん骨盤が開いていき、身体が出産の準備に入ります。出産の際には今まで逆三角形だった骨盤の形が、台形のような形へと変化します。

  • 産後の骨盤の状態

    産後の骨盤は、緩んでいる状態です。

    この緩んでいる状態が続いてしまうと身体が内蔵を守ろうとし、余計な脂肪をつけ、産後太りの原因となります。

    しかし出産後の骨盤が緩んだ状態は、元に戻ろうとする力を使い正しい骨盤矯正を行うことにより、綺麗な骨盤を作るチャンスでもあります。正しく骨盤矯正をし、元の体重、元の体型に近づけるようにしましょう。

宇都宮にある当院では、産後の女性に人気の骨盤矯正などを行っています。宇都宮で整体をお探しの方、ぜひ当院をご利用ください。