むちうちについて

交通事故に遭ってしまったら、外傷や痛みが無いからといって放置せずに、早めに交通事故治療を受けることが大切です。事故直後に外傷や痛みがない場合でも、数日後に「むちうち」の症状が現れることもあります。

「むちうち症」とは

交通事故などの衝撃によって、首周辺の組織を痛めたことで起こる様々な症状の総称です。

むちうち症は靭帯や筋肉、関節包などの障害であるため、MRIやレントゲンにも映りません。そのため発見されにくく、改善が遅れてしまうこともあります。

「そのうち治るだろう」と自覚症状を放置してしまうと、後々つらい症状に悩まされることもあります。整形外科で受診してもらうとともに、整体院や鍼灸院で早期に適切な施術を受けることをおすすめします。

むちうち症の主な症状

背筋・背中・肩などのコリや痛み、耳鳴り、頭痛、吐き気、めまい、手足の痺れや震え、食欲不振、脱力感、疲労感、聴覚視覚障害、便秘、動悸、微熱、呼吸困難、記憶力低下、思考力低下、集中力低下、睡眠障害、膀胱障害など様々な症状があります。

首には重要な神経が数多くあり、少しでも傷をつけてしまうことで後遺症として残ってしまう場合があります。自覚症状の有無に関わらず、交通事故に遭ったら早急な施術を受けることが重要です。

栃木県宇都宮市にある当院では、交通事故治療を行っております。「負担の少ない電気治療」「痛みの出ないハリ」「効果実証済みのマッサージ」「バランス調整」の4方向からの独自のアプローチで、痛み解消に向けて幅広い対応をさせていただきます。

また、交通事故治療だけでなく、ぎっくり腰やヘルニアなどの腰痛、肩こり、坐骨神経痛などにも幅広く対応しております。マッサージ的な調整や、ハリにも対応しておりますので、お体でお困りのことがあればお気軽にご相談ください。

当院は人気の女性専用の整体ですので、リラックスして施術を受けていただくことができます。